Profile of 風景写真家 今井悟 信州の四季光彩



印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


風景写真家 今井悟 信州の四季光彩 Last Updated 2014-02-19

pf用画像CAQJ0GZB.jpgProfile is  

今井悟  Satoru Imai
中学生の頃から風景写真を撮り始める。
最初のカメラは「ペンタックスSL」。以後「マミヤC330」、「ゼンザブロニカ645」などを駆使し、アマチュア写真家として野山を駆け回り、自己満足の範疇で山岳写真や動植物の写真を撮り貯める。
結婚して所帯を持ってから、偶然にも風景写真家の佐々木信一氏の隣に住むようになり、熱烈に師事を願い出て、佐々木氏の写真事務所で働き
ながらプロとしての修業を積む。
(この時「プロはなかなか(シャッターを)押さない。」ことに気付き、目から
うろこが落ちる。)
その後は「ペンタックス67」、「リンホフ・マスターテヒニカ」、「アルカスイス4X5」などと移り変わり、
現在の愛機は「ニコンD800」「キヤノンEOS5DMarkⅡ」。
ちなみに撮影環境が完全デジタル化に移行したため、
「プロでもどんどんシャッターを押すことができる。」ようになったことは言うまでもない。
良い時代です。

長野県風景写真家協会会員。
松本市在住。